一括見積りで多数の業者をふるいにかける【引越し業者を選ぶ時】

作業員

見積りするタイミング

荷造り

タイミングを考える

引越し業者に見積りをとる時にはタイミングを考えることも非常に重要です。複数の業者に見積り依頼をする場合であれば、引越し予定日よりもなるべく早めに見積り依頼をしておくのがよいでしょう。業者によっては引越し前日に見積りをとって、翌日には引越しをすることもできます。しかし、3月や4月といった繁忙期になるとなかなか引越しの予定を業者と合わせることができない場合もあるので注意が必要です。単身の場合であれば、大体数週間から1ヶ月前までに見積り依頼をしておくと安心です。大荷物となる家族の引越しになると、1ヶ月から2ヶ月前までには見積り依頼をしておくのが良いでしょう。

見積りを取る時に必要な情報

業者に見積もり依頼をする時には、正確な引越し費用を出す為に、見積りに必要な情報を正確に伝えることが大切です。依頼する人の名前や住所、電話番号といった基本情報はもちろんのこと、引越し先の住所も必要になってきます。加えて、荷物を移動する日時や荷物の受取日も尋ねられるでしょう。これらの基本的な情報とは別で、見積り料金に大きく関わってくるのが荷物の量や内容です。どのような家具、家電を移動するのか、どの位の荷物量になるのか明確に答えておく必要があるのです。明確な荷物量を伝えることによって、正確な見積り金額を出してもらうことができるでしょう。引越しが決まった時には荷物量をチェックしておくとスムーズに話が進みます。加えて、料金の支払い方法や追加で利用したいオプションサービスなどを伝える場合もあります。